« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

吉岡萬理 陶展

9月8日(土)~15日(土)

元気なうつわがやってきます。風来ではめずらしい色絵です。

吉岡氏の根っからのあかるさ、やさしさ、まえむきさが作品に

素直に出ています。朝一番のコーヒーを紅茶を吉岡氏のカッ

プでぜひどうぞ。               リンク吉岡萬理

Cimg6187

Cimg6184

20121

ネコさん、象さん、鳥さん、ちょうちんアンコウ、カルロス君、ニョロニョロ君、その他イロイロ、今回も楽しく使える器をたくさん展示します。是非、ご覧下さい。

2012年8月21日 (火)

越後妻有 大地の芸術祭 2012

長野、新潟の旅

無言館

越後妻有 大地の芸術祭 2012

 

高知おいしい旅 8月

高知おいしい旅

ひりひりと焼け付くような南国土佐の夏。

おいしいものを食する旅。

まずは気になっていた「レストラン アルパシア」

地元の食材を使ってのイタリアン。高知の魚、野菜、肉の素材を手を加えすぎずにおいしく満足。

そしてやさしい心遣いに「また来ます。」

帰り際、厨房から顔をだされて挨拶されたシェフも料理を丁寧にされてる感じが伝わってきました。

Img_2673

次の日はなんといっても鰹です。

 土佐市高岡の松尾さんへ。おいしい鰹としんこが入ったと聞き鰹はさしみとたたきに、にんにくいっぱいと塩とでいただきました。ほんとに高知で食べる鰹は最高です。

 しんこはマグロの子、この時期しかあがりません。たっぷりかぼすを絞って、真夏の高知の刺身です。満足、満足。

 

次の日のランチに同じく高岡のレストラングランディール。ここではシェフのスペシャルデザートをプレゼントしていただきました。

 土佐市高岡は日本一の清流が流れています。春野、伊野を対岸にしてようようと流れるこの川は仁淀川です。

 すんだ美しい「仁淀ブルー」です。いただいたデザートを「仁淀ブルーフラッペ」

と勝手に名前をつけました。

 

Img_2676

2012年8月 4日 (土)

無言館

長野から新潟の旅。

長野市から車で約40分。木立の中に静かにたたずむ無言館。ずっと行きたかった美術館に今回無言館を設計した縣孝二さんに案内していただきました。

志半ばにして戦場に行き、帰ってこられなかった現東京芸大生の遺作を展示している美術館です。

Simg_2455_3

Img_2462_3

Simg_2456

Simg_2458

Img_2465

Img_2459

越後妻有 大地の芸術祭 2012

新潟県の南部、そうお米のおいしいところで3年ごとに開催される大地の祭りも今年で5回目です。

美しい棚田の風景のなかとても広い地域での現代美術の祭りです。

原っぱ、空き家、廃校などが祭りの舞台。そして地域の方たちが楽しそうに説明してくださったり、湧水をごちそうしてくださったりと、ふれあいのまつりでもあります。

                                                                            風来 富森由美子

Img_2485_2

Img_2490

Img_2505_2

Img_2488

Img_2509

Img_2522

Simg_2568

Simg_2573

Simg_2618

Simg_2632

Simg_2651

Simg_2667

Simg_2653

Simg_2661

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »