« 無言館 | トップページ | 越後妻有 大地の芸術祭 2012 »

2012年8月21日 (火)

高知おいしい旅

ひりひりと焼け付くような南国土佐の夏。

おいしいものを食する旅。

まずは気になっていた「レストラン アルパシア」

地元の食材を使ってのイタリアン。高知の魚、野菜、肉の素材を手を加えすぎずにおいしく満足。

そしてやさしい心遣いに「また来ます。」

帰り際、厨房から顔をだされて挨拶されたシェフも料理を丁寧にされてる感じが伝わってきました。

Img_2673

次の日はなんといっても鰹です。

 土佐市高岡の松尾さんへ。おいしい鰹としんこが入ったと聞き鰹はさしみとたたきに、にんにくいっぱいと塩とでいただきました。ほんとに高知で食べる鰹は最高です。

 しんこはマグロの子、この時期しかあがりません。たっぷりかぼすを絞って、真夏の高知の刺身です。満足、満足。

 

次の日のランチに同じく高岡のレストラングランディール。ここではシェフのスペシャルデザートをプレゼントしていただきました。

 土佐市高岡は日本一の清流が流れています。春野、伊野を対岸にしてようようと流れるこの川は仁淀川です。

 すんだ美しい「仁淀ブルー」です。いただいたデザートを「仁淀ブルーフラッペ」

と勝手に名前をつけました。

 

Img_2676

« 無言館 | トップページ | 越後妻有 大地の芸術祭 2012 »