« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月16日 (日)

植松永次展 「土-月を見る」

Dh000006

子供の頃、何度も夜道を走った。

月も一緒に走った。いくら走っても

月は離れずついて来た。

満月の日、月は明るく夜道を照らし

、光り輝く土があった。

             植松永次

Dh000056

Dh000086

伊賀の工房のテラスに座るとやさしい風がふいて来ました。風来の名前の始まりです。あれから15年。

植松さんはずっとかわらずまわりの人々をほっとやさしく迎えてくれます。作品も同じです。

土と炎と手、面白いほどに土がカタチになります。

そして迎えてくれます。

土を見る、聞く、感じる、生まれる、遊ぶ、包む。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »