« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月31日 (土)

赤木智子の生活道具店

6月1日~6月21日(9日(月)、16日(月)休み)

奥能登の暮らしのなかで、智子さんが使っている生活道具を紹介します。

使い込み、身につけている品々は、見ただけでなくそこに生活道具の美しさが感じとられます。

__

S3

S_mg_3030_3

S_mg_7944 

 

S_mg_7915S_mg_3854_1

及源の南部鉄フライパン            早川ゆみのスカート    白木屋伝兵衛のたわし     

上泉秀人の大きな湯飲み   小野哲平の小皿      花月総本店の原稿用紙とカード

mon sakataのTシャツ   大村剛の小さな片口    安藤明子のサロンとガーゼのもの

 

 

ギャラリーONOのガベ   野田琺瑯の洗い桶  晴耕社ガラス工房のコップ 

 

井畑勝江の湯呑み   佃真吾の我谷盆    ヤオイタカスミの子供服・ワンピース

 

秋野ちひろの金属のかけら  広川絵麻の湯呑みと蓋物   岩谷雪子のほうき

 

村山亜矢子の塗り箸   而今禾のパンツ・スカート・ワンピース   輪島のほうき

 

壺田亜矢のカップと片口  新宮州三の刳りもの  高知谷相の和紙

 

沖原紗耶の竹のしゃもじとスプーン   輪島のお菓子   丸八製茶場の加賀棒茶

 

秋田小夜子のティーポット   辻和美のガラスの大きな片口  松林誠の版画

 

赤木明登のぬりもの   アンティパストの靴下

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年5月 4日 (日)

森 正 オブジェ器

5月17日~25日 

森正さんの工房はまるでおとぎの国。

小川の中、木の陰、草むらの中。魚や鳥や動物が隠れている。赤、青、白、金、銀、など陶器には不向きと思われそうな原色を使い、土の塊が動き始め、薪と炎の力を借りて生まれる。

香炉、茶盌、カップ、皿、ふた物など、用を意識しない「自由奔放な造形と色彩」の作品をご覧ください。

2

__

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »